« 2008年10月 | トップページ | 2009年2月 »

2008年11月

虫がいる・・・・・。
たぶん、「コバエ」 ??

片づけが苦手なことに理解のない夫からのプレッシャーにより、
これでも必死。
こどものためにもちゃんとしていたい!
これでも必死。

汚部屋レベル的には、低レベルな我が家と思っていたが・・・。

コバエがどこかで発生しているのなら、
確実にレベルアップしていますね・・・。

しかし、いったい奴らの家はどこなんだろう。
奴らの存在を意識し始めて1週間くらいではないかと思う。
あ、虫が。 程度に思っていたら、
え?? 虫がまた? となり、
うわ! なんで?どこで?また虫! となり、
退治しはじめて今日で3日目です。
昨日も、おとついも、10匹くらいはあの世におくってしまいました。
(無断で同居した君がわるいよ)

なのに、きょう。
確実に虫の数が増えています!
なぜ。どこから?

思い当たるところがありません。
癒しを求めて観葉植物をいろいろ買ったので
それに虫が着いてきたのかと思っていたけど
どうもそうではないような感じ。
食品類もまとめてあるし、
ゴミは前回出し損ねたけど、
生ゴミは生ゴミ処理機でパラパラになってるし、蓋もしてるし・・・。

うう。
コバエ退治の技に磨きがかかり、結構上手になってきたのはいいけど、
明日はもっと増えるんだろうか。
そもそも、敵はコバエか。
(ちょっと赤っぽい姿をしている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障子張替え

障子の張替えをしたのは金曜日。
土曜日は夫の父母・爺・弟家族・妹家族がウチに来ます。

お坊さんが来てくれて、お仏壇にまいってくれる日です。

Dscf00052

アイロンで張れる、強さ3倍。
中井貴一のドラマを撮ってあるのを見ながら挑戦。

Dscf00053

いけ!アイロン

Dscf00063

アイロンで貼ったあと、余分な紙を切ります。
定規をあてて・・・・・・・・・

Dscf00081

ふっ・・・・・・。
明らかに定規から指がはみだしています
何度も指を切りかけそうになり、フリーハンドで紙を切ることにしました。

ほんとうに学習能力がありません。

Dscf00091

カッターナイフが錆びていて助かりました。

はあはあ・・・。

Dscf00071

はあはあはあ・・・

Dscf00104

(後、2枚は省略)

4枚貼った後、初めて障子戸をはずしたこの奇跡なので
サッシを掃除する気になりました。
心の中では、大掃除をはじめているつもりです。
しかし、サッシというものは、屋内であって屋内ではない汚れ方をしています。
窓拭きもして、和室の窓の掃除は60パーセント終了。
後は、外側の窓を拭くのですが、それはまた後日・・・・・(いつ?)。

Dscf00132

Dscf0021


今日の汚れ

障子をはめてできあがり。

Dscf00161

荒い作業に戸が変形したのか、なかなかはまらなくて
しかも、開閉がキツキツのカタカタ(かたい)になってしまいました・・・。
4枚中、1枚が特に。

そして、貼り具合もこんなんです。

Dscf00151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月6日

冷蔵庫内で、ジャムの漏れたあとを発見。

Dscf00011

「あいつ~~」 は、次女のこと。
いつもなら、気にしたままいつまでも放置するところですが
こびりついて、カビカビになるだけ!
その場で外して洗いました。
あ~、よかったです。

それより、今日のすることはこちらです。
この戸をあけると・・・・。

Dscf00031

                ↑

          ここも破られています・・・

和室です!
これです!
障子が破れています!

Dscf00061

和室といえば、夫のお気に入りパーテンションはここに置いています。

Dscf00041

夫が「モダンだ!」と言い切り、
私が「和風」と言うのを聞き入れなかったあのパーテンション。
来客があったときに、どさくさにまぎれてここに移動させたのでした。
苦情を言ってこないのでそのままにさせてもらっています。
でも、どう考えてもリビングにこのパーテンションはいやだ。

Dsc_00222

リビングにあったころ。↑

さあ!障子、障子!
障子を全部はがさなければいけません。

うううっっ・・・!!
かなり面倒くさいです。
初めてやるのでわかっていないうえに、
やり方を調べません!
(チャレンジャーだから。)
以前、よそのお宅で、水をぶっ掛けていたのを
見かけたことがあるので、たぶん水をかければいいような気がします。

びりびりやぶいて、最後は水で!

Dscf00103

子供の友達が来ないかなーと思って、
待っているところ。
うまく言って、みんなでやってくれないだろうか。
「どうぞ!やっていいよ!」
「わーーーい」 みたいな。

5時、息子が帰ってくるまでがタイムリミットです。
破ってるところを見られたら、恐ろしいことになる。

破るものなんだ・・・・・。

って思われる。

いいんだ・・・・。

とか。

奴に見られてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月5日

Dscf00102_3

今日も台所。
調味料はこうやって上の戸棚に入れていました。
料理のたびに下ろしてつかっていましたが
これも出しっぱなしにしたい。

Dscf00112_4

今日も、のこぎり&ドライバーで作業!
メジャーは行方不明なので計りもせずに出来上がり!

夫が昼過ぎまで家にいたので
こっそり作業しなければいけなかった。
見つかってはいけない。
このまえ、かなづちを持っているところを発見されたときも、
嫌そうな顔されたので、細心の注意を払う!

Dscf00121_2

後ろのステンレスの壁が汚れたら掃除しにくそうだけど
まあ、そのとき考えることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月4日

気になるここは、

Dscf0010_2

こうなりました。

Dscf00101

家にある木材をギコギコ、のこぎりで切って
板のうえに乗せただけ。
収納率はそんなにかわらないけど、
重なっていないので取り出しやすさは結構いい。

パソコンまわりはこうだったのが

Dscf0030_2

こう。

Dscf0012

あら不思議~。
ぜんぜん収納率はアップしません。
そして、その上落ち着きません。
きもちわるい。
また考え直そう。

そんなことをしていて、掃除らしき掃除をなにもしていなかった今日。
子供の友達が遊びに来ました。
チーム分けし、それぞれ練習し、
わけのわからん発表会をする・・・という遊びに
最終的に発展していました。
歌あり、人形劇ありの発表会。

まあ、いろんな小道具も必要なので散かりました。

そこで私が思ったことは
「掃除してなくてよかった~」 でした。

あら?そうじしなくてよかった?
と、自分の思いにハッとしました。
今日は掃除していなかったし、
散かってもガッカリ来なかった。

こう毎日、大騒ぎなのだから
掃除は夜にするっていうのはどうだろう?
今まで2回掃除しなければ散かっていたけど
それを夜にしてみようかな・・・。
と考え中。

散らかされてもガッカリ来ないっていう、今日の感覚は
とてもありがたかったです。
発表会も観客として参加し盛大な拍手をおくりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンと台所

連休は、息子が風邪気味だったので
手が離せませんでした。

だけど、遊びたいお年頃なので、
ちょっと体が楽になったら走り回ります。
それでまたしんどさが戻ってきてグッタリする。

の、繰り返し。

ぐったりしたときの息子の一言。
「つかれた・・・・」
そして、こてんと横になる・・・。

あ。
日ごろ、私がコレ言っているのかも。
言っているような気がする。
疲れたとか、しんどいとか、メンドクサイとか。
気をつけよう・・・。

休み中やったことは、
このごちゃごちゃのパソコン横を

Dscf0029

こんなふうに。

Dscf0006

あきらかにやりかけではありますが、
飽きたのか燃え尽きたのか。
いったん終了。
少しはマシになっている。

次に気になるところはココ。

Dscf0010

粉や食品類は、上の戸棚にしまってありますが
よく使うものは出しっぱなしに。
でも、むしろ出しっぱなしのほうがいいのでは?と考えていました。
何も出ていない、収納されたキッチンというものに
ものすごくあこがれるけど、それが自分に向いているのかと言えば
即答できる。

向いてない 、と。

インテリア雑誌などと、自分を重ねて見るのをやめよう、と
意識しだしたのは最近のことです。
確かにすばらしくて憧れ一色で見てしまうけど、あれはあれ、うちはうち。

あれは、「キッチン」
これは、「台所」

連休、構想期間でしたが
今日から着手したいところです。
夫が昼から家を出るようなのでそれから。
(家に夫がいるとできないのはどうしてなのか・・・)

それにしても、3日間、自分以外のことで忙しくしていたら
やりたいことがいっぱい頭に浮かんできて止まらなく、
それを消費できそうにありません。
あれもこれもになっています。

今週は、障子の張替えもしなければいけません。
アイロンで張るタイプの障子紙を買ってきました。
リミットが金曜日なので、それは明日かあさってにしておきたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年2月 »